AWSからテクノロジーパートナーの盾が届いた

公開 : 2020.02.18 
カテゴリー
タグ

NCDCのマーケティング担当、播磨です。
先日、アマゾン ウェブ サービス(AWS)からテクノロジーパートナーの盾が送られてきました。

なぜAWSから盾が届いたのか?

これは何の盾か? 
簡単にいうと、NCDCが「AWSに関する知識や技術、実績のあるAWSの認定パートナーである」との証です。
具体的には、AWS パートナーネットワーク (APN)という、AWSのグローバルパートナープログラムにおいて、NCDCが「APN セレクト テクノロジーパートナー」の認定を受けたことを示しています。

実は、盾をもらうかどうかは任意で、パートナーの認定を受けた上で送付を希望した会社にだけ届けてくれるようなのでオマケみたいなものですが、せっかくなのでゲットしてみました(アメリカから送られてきたみたいです)。

なかなかいい見栄えです。オフィスに飾っておくことにします。

「APN セレクト テクノロジーパートナー」とは?

AWS パートナーネットワークにはいくつかの種類があるのですが、今回NCDCが認定された「APN セレクト テクノロジーパートナー」について、AWSのWEBサイトではこのように紹介されています。

AWSに関する営業・技術体制があり、AWS上で稼働するソフトウェア製品/Saas/Paas/開発者用ツール/管理・セキュリティソリューションを開発/販売され、またAWSでの稼働実績を持つパートナーです。

要するに、「AWSをつかった開発や稼働の実績があるので安心して相談できる会社ですよ」と、AWSから公式に案内されていると考えるとわかりやすいかもしれません。

パートナーの認定を受けるための要件は変わることがあるらしいので、ここでは詳細は書きませんが、大まかには下記のような条件を満たす必要があります。

  • AWS技術認定取得者がいる
  • AWSを使った一定の実績がある
  • AWSを使った公開可能な実績がある
  • 顧客満足度のアンケートで一定の評価を得ている

NCDCの場合、エンジニアの多くがAWS技術認定取得者ですし、アプリ開発高速化プラットフォームAppPotなど自社プロダクトでもAWSを使っているので利用実績も十分にあります。
お客様のご都合もあるので「公開可能な実績」を毎年追加していくのがなかなか大変そうですが、これからもAPN セレクト テクノロジーパートナーとしての実績を増やして、実例もどんどん公開していきたいと考えています。

また、将来的にはパートナーの中でも種類が異なる「コンサルティングパートナー」の取得も検討しています。

クラウドネイティブなシステムの相談ならNCDCへ

コンサルティングパートナーを目指すのには理由があります。
NCDCでは、ソフトウェアの開発に限らず、クラウドサービスの導入から、設計、構築、移行、運用までの幅広いコンサルティングサービスをご提供しています。中でもNCDCが得意としているのは、単にオンプレミスの環境をAWSに移し替えたようなものではなく、クラウドサービスを積極的に活用したクラウドネイティブな先進的アーキテクチャを提供することです。
詳細はクラウドインテグレーションのページをご覧ください

主にAWS上で稼働する製品についてのパートナーという位置付けの「テクノロジーパートナー」より、「コンサルティングパートナー」という位置付けの方が、そうしたニーズのお客様と出会う機会が増えるのではないか。マーケティングの面では、そういう実益も考えられるので、ぜひ将来はコンサルティングパートナーの盾も社内に飾りたいと思います。

ページトップへ

お問い合わせ

NCDCのサービスやセミナー依頼などのお問い合わせは
下記のお電話 また、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

050-3852-6483