• Top
  • > Blog
  • > iOSアプリリリースのポイント
2015/10/28 iOS関連, スマートデバイス x 企業システム, 企業システム

iOSアプリリリースのポイント

こんにちは。NCDCの北村(@chipstar_light)です。

今回はiOSアプリのリリースについて書いてみたいと思います。
iOSアプリのリリースやiOS Developer Programへの登録、証明書の発行、プロビジョニングファイルの準備や審査への対応など、WebシステムやAndroidアプリのリリースに比べて、その作業内容は複雑難解な印象があります。
初めてリリース作業をする人にはとてもハードルの高い作業の様に思えますので、その内容やポイントをまとめることで、これからリリース作業をされる方の役に立つ情報になればと思い記事を書きました。

まずは、アプリが一通り完成してから、リリースするまでの大まかな流れをまとめてみます。
 

アプリ配信までの流れ

  1. iOS Developer Program登録

    iOSアプリを本番で利用するには基本的にはiOS Developer Programに登録する必要です。法人で契約する場合はD-U-N-S Numberが必要になり企業審査があります。D-U-N-S Numberの発行と企業審査には2週間程度の時間がかかるので注意が必要です。以降の手続きで登録後に利用できるMemberCenterを利用する必要があります。Xcode7以前はアプリ開発開始前に登録を済ませている場合もあります。

  2. iOS Distribution用の証明書を発行

    アプリを配布するための証明書を発行します。1つの証明書で複数のアプリを発行できるので、通常は1つあればOKです。MemberCenterのCertificatesにて発行手続きを実施します。

  3. App IDの登録

    リリースするアプリを登録します。Xcodeでアプリに指定したBundle Identifierを指定します。MemberCenterのIdentifiersにて登録手続きを実施します。

  4. オプションサービスの指定と証明書発行

    アプリで利用している機能に応じてオプションサービス(Push通知やiCloudの利用など)とそれを利用するための証明書発行を行なう必要があります。証明書の発行をMemberCenterのCertiricatesで行い、Identifiersにて登録したAppleIDに対して利用するサービスを有効化する設定を行ないます。

  5. Provisioning Profileの作成

    アプリのプロビジョニング用のプロファイルを作成します。プロビジョニングファイルは同じアプリでも配布形態毎(AppStore / AdHocなど)に作成する必要があります。プロビジョニングファイル作成では、前述のDistribution証明書とApp IDの登録が必要になります。
    AdHoc配信の場合は、別途Device登録も必要になります。MemberCenterのProvisioning Profilesにて作成手続きを実施します。

  6. Build & Archive

    XcodeやCIサーバーを利用してモジュールをビルドし、ipaファイルにアーカイブします。App Storeにてモジュールを配布しない場合は、この時点で作成したipaファイルをエクスポートして端末に配布する事が可能です。エクスポートする際は、アーカイブ時に配布形態に合わせてDistribution証明書とProvisioning Profileの指定が必要になります。

  7. iTunesConnectへのアカウント登録

    iOS Developer Programへの登録が完了すると、登録に使用した管理者のAppleIDで iTunes Connectにサインインできるようになります。他のIDで作業したい場合は、そのIDへの招待が必要になります。ただし、同一IDで複数の企業のiTunes Connectへの登録は不可能です。(iOS Developer Programは同一IDで複数企業への登録が可能)

  8. iTunesConnectにアプリを登録

    アプリの情報をiTunesConnectに登録し、作成したipaファイルをiTunesConnectにアップロードします。アップロード時には配布形態に合わせてDistribution証明書とProvisioning Profileの指定が必要です。アップロードはXcodeにて実施します。

  9. Apple審査

    iTunesConnectに登録したアプリ情報に、審査に必要な情報を追記し、Appleの審査に提出します。審査は実際に人手で行われるため、審査員が操作するためのアカウント情報(IDやパスワードなど)を記述しておきます。審査をパスするとメールにて通知がきます。審査のステータスはiTunesConnectにて確認可能です。

  10. AppStoreへリリース

    審査をパスした後、Apple Storeに公開する情報の最終チェックを行い、Storeに公開します。一度公開すると公開情報は修正できず、修正するには新しいバージョンの提出(再審査)が必要になるので注意が必要です。

リリースまでの流れは以上になります。
次のページではアプリの配布形態についてまとめて見たいと思います。

ページ: 1 2 3


記事一覧へ