【資料公開/セミナーレポート】AIやIoTを活用したプロジェクト、どうやって生みだすの?どうやって進めるの?セミナー

2018年11月29日(木)

こんにちは!
今回は先週開催された、「AIやIoTを活用したプロジェクト、どうやって生みだすの?どうやって進めるの?」のレポート記事です。
残念ながら参加できなかった皆様にも、セミナーの雰囲気をお伝えできればと思います!

目次

1. セミナー概要
2-1. デザインシンキング、そしてAI・IoTによる新規サービスの生み出し方
2-2. ノンITの企画者向けIoT、AIテクノロジーの勘所
3. まとめ

1.セミナー概要

AI、IoTといったテクノロジーの急激な進化によってデジタル化、デジタルトランスフォーメーションに取り組む企業が増えています。また、デジタル化を進める上での考え方としてデザインシンキングを取り入れたいとご相談を頂くことが非常に多くございます。セッション1では早津よりこのあたりに注力して解説致しました。

セッション2では企画担当者向けにIoTやAIの基礎とプロジェクトを行う時に押さえるべきポイントを十川よりご紹介致しました。
1. デザインシンキング、そしてAI・IoTによる新規サービスの生み出し方(NCDC 早津)
2. ノンITの企画者向けIoT、AIテクノロジーの勘所(NCDC 十川)
当日の資料は本ページに埋め込みましたが、こちらからもご確認頂けます。https://speakerdeck.com/ncdc

2-1. デザインシンキング、そしてAI・IoTによる新規サービスの生み出し方

――早津 俊秀(NCデザイン&コンサルティング株式会社 代表取締役 / ビジネスアーキテクト)
まずは、NCDCの代表取締役である早津より「デザインシンキング、そしてAI・IoTによる新規サービスの生み出し方」と題して講演を致しました。

はじめに、デザインシンキングの誤解として、新規サービスの発想自体はデザインシンキングの前の段階でのIdeationで行うこと、その後の使用者の視点からの検証をデザインシンキングで行うことなどを紹介致しました。

そして、新規サービスを実現するための営業戦略をはじめとした売る仕組みの重要性やテクノロジーだけに頼らないオペレーションと補完関係の必要性などを、具体例を用いて解説致しました。
その後、NCDCの進め方として、各種事例を用いてどのように進めて、どのような結果が出たのかをご説明致しました。
新規サービス企画やデジタルトランスフォーメーションにおいて課題をお持ちの方は是非ご相談ください。
貴社に合った解決策をご提案致します。

NCDCの新規サービス支援ご紹介ページ:https://ncdc.co.jp/service/implement-new-service/
株式会社三越伊勢丹様の導入事例:https://ncdc.co.jp/showcase/cocoiku01.html

2-2. ノンITの企画者向けIoT、AIテクノロジーの勘所考慮したUIデザイン手法とは?

―― 十川 亮平(NCデザイン&コンサルティング株式会社 執行役員/ Solution Practice Lead)
続いて、NCDC執行役員の十川より「ノンITの企画者向けIoT、AIテクノロジーの勘所」と題して講演を致しました。
冒頭IoTの部分では、多くのIoT案件経験に基づく「IoTの課題あるある」のご紹介をし、会場の皆様は多く頷いていらっしゃいました。センサー非搭載の機器からのデータ取得方法に関しても、ノンITの方にも良く理解頂けたのではないかと感じております。
AIに関しても実際の経験より、今現在のAIで出来ることから、得意不得意なことまでの説明までを行いました。
最後に、IoT・AIにおいてプロトタイピングを行うことの重要性の説明と合わせてNCDCの検証パックは2〜3ヶ月で500万弱から始めるられることを紹介致しました。
IoT・AIのプロトタイピングにご興味をお持ちの方は是非ご相談ください。御社に合った解決策をご提案致します。

IoTのプロトタイピングから使えるキット:http://iot.apppot.jp/
NCDCの先端テクノロジーご紹介ページ:https://ncdc.co.jp/service/cutting-edge-technology.html

3.まとめ

今回のセミナーは、前回通り事業部門の企画も多くご参加いただきましたが、経営企画の部門の方にも多くご参加を頂きました。

デザインシンキングでアイデアを生み出すところから実際に作っていくところまでをご支援しておりますのでぜひお声がけください。また、頭に思い浮かべている案を実際に検証したらどのくらいの費用や期間が必要であるかの算出なども行っております。こちらもぜひお声がけください。

引き続き、NCDCはこの分野においてリードし、皆様のデジタル化成功のご支援を致します。
上記やセッション資料に関してご不明な点等ございましたら、NCDCまでご連絡ください。

ページトップへ

お問い合わせ

NCDCのサービスやセミナー依頼などのお問い合わせは
下記のお電話 また、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

050-3852-6483