MEAPとMBaaSの違い(2) – MBaaSとは

公開 : 2014.07.14 
カテゴリー

こんにちは。NCDCの北村(@chipstar_light)です。
今回は、MEAPとMBaaSの違いの連載の第2回目です。前回の第1回はMEAPについての説明をしました。第2回の今回はMBaaSについて説明したいと思います。最終回である次回で、第1回と第2回で説明した両製品の違いを説明する予定です。また、両製品の製品比較についても以前記事を書いているので、そちらも参考にしてください。そして、ここで得た情報を通して、NCDCの製品であるエンタープライズ向けMBaaS “AppPot” に興味を持って頂ければ幸いです。

 

関連記事

MBaaSとは

MBaaSはMobile Backend as a Serviceの略になります。
昨今のモバイルアプリは、クライアントサイドのアプリ開発だけで完結する事が少なく、データをサーバーに保存したり、会員認証したりするなど、サーバーサイドの開発が必要不可欠になっています。サーバーサイドを構築する事になると、そのインフラ調達や構築、運用リソースの準備が必要になり、モバイルアプリといえどもコストが肥大化してきます。そんなモバイルアプリ開発の敷居を下げるため、サーバーサイドの開発・運用を楽にする目的で登場したのがMBaaSになります。SaaSやPaaS、IaaSと同じX as a Serviceと呼ばれるクラウドサービス形態の一種であり、モバイルアプリサービスの運用に必要な汎用的なサーバー機能を提供します。特に、アプリ提供者が自前のサーバーを持つ程ではない安価なコンシューマ向けアプリをターゲットとして発展してきた経緯があります。

 

他のX as a Serviceとの違い

ご存知の通り、IaaSやPaaSと呼ばれるようなX as a Serviceは基本的にクラウドサービスになります。MBaaSもこのXaaSに分類されるサービスであり、クラウドサービスとして提供されます。

XaaS

 

この図は、サーバーサイドが必要なモバイルアプリを構築する上で、用意する必要のある各種リソースをサービス形態毎に表現しています。ここからわかるように、MBaaSはモバイルアプリにおいてサーバーサイドで必要とされるリソース全てをサービスとして提供している点が他のサービス形態と異なる点です。モバイルアプリの構築はIaaSやPaaSでも、オンプレミスよりは効率的に行えますが、MBaaSはPaaSのサービスに加えて、さらにサーバーモジュールも提供する事で、他のサービス形態よりもさらにモバイルアプリの開発を効率化します。一方で、モバイルに関連しない機能の提供や、独自のサーバーモジュールの構築は想定しておらず、MBaaSでは実現出来ません。

 

サーバーサイド開発をゼロにする

モバイルアプリ、特にコンシューマ向けのアプリを開発する場合の重要な要素には、アイデアや技術もさることながら、スピード(他者が類似のアプリを開発する前に少しでも早く市場にリリースできるか)が重要なポイントとなります。また、スマートフォンが普及した現在では、モバイルアプリは一般の人々にとっても身近な物となり、ITの専門家以外の人でもこのモバイルアプリでビジネスをしよう、ビジネスに活用しようと考えるようになっています。そのため、ITの技術に乏しい人でも、アイデア1つでモバイルアプリ開発に取り組まれるケースが増えています。そん中、技術難易度が高く、リリース後も手間のかかる運用を続けていかなければならないサーバーサイドの開発は、モバイルアプリを作る大きな障壁となってしまいました。このような状況の中で、MBaaSは、サーバーサイドのノウハウを持たないアプリ事業者に対して、サーバーサイドの開発と運用のリソースを一手に引き受け、クライアントサイドのアプリ開発に専念する事を実現させるサービスとして登場しました。このため、MBaaSは基本的に、利用者のモバイルアプリのサーバーサイド開発をゼロにする事をコンセプトにしています。

 

MBaaSのメリット

MBaaS製品のメリットをまとめると、一般的には次のような項目が挙げられます。

  • モバイルアプリのサーバーサイドに必要な機能がフルセットで提供される事で、サーバーサイドの開発をゼロにして、アプリの開発に専念できる
  • 設備の調達やセットアップする時間が不要となり、短い準備期間でサービスをローンチできる
  • 必要な時に必要な分だけのハードウェアリソースと機能を利用できるので、アイドルコストを削減し、リソースの利用コストを最適化できる
  • 高いスケーラビリティの恩恵を受ける事で、小規模ではじめながらも、サービス成長にあわせて仕組みを自動的にスケールできる

 

MBaaSの機能

具体的にMBaaSに求められる機能は、次のようなものです。

  • クラウドサービスプラットフォーム
  • 利用者を管理するためのアカウント管理機能
  • サーバーでのデータ管理・共有機能
  • クライアント端末へのメッセージプッシュ通知
  • GPSを利用した位置情報連携
  • TwitterやFacebookといったソーシャルとの連携
  • アプリの利用状況を分析するための、アクセス解析機能

MBaaS

 

MBaaSの主要製品

以上が、MBaaSについての説明となります。
次回は、いよいよMEAPとMBaaSの違いについての説明を行いたいと思います。

ページトップへ

お問い合わせ

NCDCのサービスやセミナー依頼などのお問い合わせは
下記のお電話 また、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

050-3852-6483