メンバー

早津 俊秀 Toshihide Hayatsu

代表取締役 / ビジネスアーキテクト
和歌山大学経済学部 非常勤講師


ITの広範囲な経験・実績と国立大学法人の講師も務めるビジネスの知識からビジネスとITを繋ぐ。ワークショップやファシリテーションによるサービスの新規立ち上げやビジネスコンサルティングを得意とする。

1995年、大学院卒業後、日本電信電話株式会社に入社。システム開発部門や新規事業立案部門を経験後、 日本ヒューレットパッカード株式会社にて金融及びBI分野のシステム開発プロジェクトを経験。 その後、日本BEAシステムズ株式会社にてコンサルティング部門の立ち上げを行い、 SOAの草分けとしてコンサルティング、日本最初のSOA書籍を執筆。講演なども数多く実施。

その後、株式会社東洋新薬にてIT部門を統括。 経営企画部門も兼務して、ビジネス改革、IT改革を数多く実行。 2007年、日本BEAシステムズ株式会社にグローバルに新設された、 ソリューションアーキテクトの日本人第一号として復帰(後に日本オラクルと経営統合)

元グロービス経営大学院客員准教授として延べ500名以上のビジネスパーソンの論理思考やプレゼンテーションを担当。

2011年、NCDCを創業。

金 成哲 Roy S. Kim

代表取締役 / ソリューションディレクター


数多くの企業システムのコンサルティング経験から、 エンジニアが理解しやすい視点でのスマートデバイスやUXデザインのソリューションを提供する。 スマートデバイス分野では現在、 電子カタログの企業マーケットでトップヒットの製品を制作した経験を持つ。 常に新しいものに興味を持ち、仕事の場を変えて行くのが得意。

大学卒業後、韓国の大手の総合商社にて石油化学製品の輸出入を担当。

2001年、来日し、デロイトトーマツコンサルティング株式会社にて、企業システムのコンサルティング、 BEAシステムズ株式会社、日本オラクル株式会社にてEA、SOA分野のコンサルティング、 EMCジャパン株式会社にて、エンタープライズコンテンツ管理ソリューションのコンサルティングを行う。

その後、ベンチャー企業の事業責任者として、スマートフォン/タブレットの 企業向けソリューション開発やコンサルティング事業を統括

2011年NCDCを創業。

十川 亮平 Ryouhei Sogo

執行役員 / Solution Practice Lead


小学生時代に父親からMSX2を買ってもらい、プログラミングをスタート。 C、C++、Javaのプログラミング、アプリケーションアーキテクチャや システム間連携の専門スキルを活かしてスマートデバイスの技術領域を統括

2001年、大学卒業後、松下情報システムテクノロジー株式会社(社名は当時)に入社し、 ICカードやRFIDを扱う自社パッケージ開発やフレームワーク開発を担当。 その後、日本オラクル株式会社のコンサルティング部門に入社。 Java等OOPの経験を活かして技術コンサルタントからスタートし、 SOA、BPM分野のコンサルティング数トップの実績を残す。

2012年、コンサルタントとして外部からサポートするのではなく、 自分のサービスでもっと世の中がうまく行くようになって欲しい、と考えNCDCに執行役員として参画。

宮崎 和樹 Kazuki Miyazaki

セールス&マーケティング マネージャー


新卒から、営業活動の傍らマーケティング活動にも従事。個人でアプリケーションを作成した経験も有し、テクノロジーも理解した営業活動を得意とする。NCDCのセールス・マーケティング全般を担当。

2008年、テクマトリックス株式会社に入社。ネットワークやセキュリティ機器を提案する営業部門に所属し、 主に金融やWebサービス企業を担当。 テクノロジーの進化とともに、バーチャルアプライアンス製品やセキュリティ監視サービスの営業にも従事。 その後、外資系SaaS企業にて新規開拓営業を経験。

ビジネスや生活において欠かすことの出来ないITを、デザインによってもっと使いやすくするといった代表早津・金の考えに共感し、NCDCに参画。 日本企業の競争力強化の一翼を担う存在を目指す。

清水 良介 Ryosuke Shimizu

インタラクション&インフォメーションデザイナー


デザイン系と工学系のバックグラウンドをもち、 グラフィックからウェブ、インタフェース/インタラクションデザイン等のデジタル領域まで、 「情報デザイン」を基軸とした幅広いデザイン実績をもつ。 表現としてのデザインだけでなく、複雑な情報を論理的に整理し 機能的なデザインとしてまとめ上げることを得意とする。

大学卒業後、国立大学法人大阪大学コミュニケーションデザイン・センターにて 様々な専門家・研究者と共に、領域横断的なデザイン開発や教育・研究プロジェクトに参画。 フリーランスのデザイナーとしても活動し、様々なデザインの実績を積む。 その後、ブランドコンサルティング企業にて、企業ブランディングを中心とした CI(Corporate Identity)開発、VI(Visual Identity)開発、情報デザイン、ウェブ開発を行う。

ITを組み合わせたより広義の「デザイン」を行うため、2013年NCDCに参画。

北村 拓也 Takuya Kitamura

エンタープライズ アーキテクト


11年間のアプリケーションフレームワーク開発に従事した経験と アジャイル開発を複数のプロジェクトにゼロから導入する経験から ソフトウェアアーキテクチャを最も得意とする。 京都ドメイン駆動設計読書会の主催をはじめ、多くの社外技術者コミュニティに企画・参画。 認定スクラムマスター。

2003年、大学卒業後、京セラコミュニケーションシステム株式会社に入社し、Java Webアプリケーションフレームワーク開発に従事。 プロダクトオーナーとして製品企画から設計・開発・導入・保守・教育・プロジェクト管理まで全てに関わる。 2011年からはアメーバ経営のマネジメントしてアーキテクト組織をリード。

2014年、アーキテクトとしてのインサイトをより広げるためにNCDCに参画。

加納 聖大 Kiyohiro Kano

Developer


12歳からコンピュータに触れ、大学院時代は独自のWebサービスの開発に明け暮れる。 現在も自宅にサーバを設置し、Webアプリケーションの作成や、各種技術を追求することが趣味である。 趣味も兼ねた幅広い技術領域はNCDC随一。

2011年、大学院卒業後、NCDCに入社。 PHP等のサーバーサイドプログラミングからHTML5やJQuery Mobileといった クライアントサイドのプログラミングによるシステム開発を主に担当する。 また、インフラの設計・構築・運用ツールの開発・運用までオールラウンドにこなす。

志賀 徹也 Tetsuya Shiga

NCデザイン&コンサルティング株式会社 顧問
イノベーションブリッジ株式会社 代表取締役社長


アップルコンピュータをはじめ外資系IT企業のトップを歴任した経験から、NCDCの経営戦略をサポートする。 震災復興支援の一環で、故郷である南相馬市の小学校への 教育支援のICTシステム導入などボランティア活動も積極的に行なっている。


経歴
1970年 早稲田大学理工学部電気工学科卒業
1970年 日本電子㈱入社
1975年 日本ディジタルイクイップメント㈱入社
1993年 同社取締役チャネル本部長
1995年 同社取締役製品企画本部本部長
1995年 アップルコンピュータ㈱(現アップルジャパン㈱)代表取締役社長
1996年 米国アップルコンピュータ社ワールドワイドセールス担当副社長
1997年 オートデスク㈱代表取締役社長 米国オートデスク バイスプレジデント
2007年 日本BEAシステムズ㈱代表取締役社長 米国BEAシステムズ バイスプレジデント
2008年 米国Oracle社による米国BEA Systems社買収により 日本オラクル株式会社副社長執行役員
2013年 イノベーションブリッジ株式会社を設立
2013年 NCデザイン&コンサルティング株式会社顧問就任
以上